クラミジアに感染しない為にもクラミジアについて詳しくなることはとても重要なのです。

クラミジアをよく知ることが予防への第一歩

アジスロマイシンを飲むとき工夫しよう

良薬は口に苦しということで、なかなか薬を飲むことって大変です。カプセルとかだとさらっと飲めて、便利です。しかし、粉薬だと苦味がわかるので、飲むのも一苦労することもあります。

『INFECTION CONTROL』

アジスロマイシンは苦い

アジスロマイシンは錠剤タイプのお薬です。さらっと飲めるイメージかありますが、実際に飲んでみると最初は苦味はないのですが、あとからだんだんと苦味が出たりするのです。

小さなお子さんから高齢者まで、症状によっては、アスジロマイシンが広く使われますが、苦味があるので、小さなお子さんには飲むのも大変そうです。

ちょっと工夫をしよう

そんなアスジロマイシンを飲むときにはちょっと工夫をしましょう。薬を飲むときには水や白湯がやっぱり一番です。お茶だと薬に影響することあるからです。

しかし、苦くて飲まないとなるとそれは困るので、まずは水や白湯で飲んでからあとから、牛乳やココアなど味の濃いものを少しだけ飲むと、苦味も打ち消されるでしょう。

ちょっとだけチョコレートやバニラアイスなどで味を消すなんてのもいいでしょう。あとは、服薬補助ゼリーも味つきなのでそれでコーティングするとより飲みやすくなります。

子どもはもちろんですが、大人でも苦味が嫌と言うひとは、工夫をしてみるといいでしょう。口の苦さを打ち消す分だけ、ちょっと飲み物や食べ物をとるのは影響もほとんどないでしょう。

関連⇒ジスロマックジェネリック「アジスロマイシン」の通販・個人輸入ならアイドラッグマート http://www.idrugmart.asia/drug/azithromycin.html

これらは苦みがめすかも

普段飲んでいる飲み物を飲めば、苦みがなくなと思って、次のようなものを飲むと実は逆効果なんてこともあります。例えばスポーツドリンクです。

独特の甘味で飲むことも多いでしょうが、アジスロマイシンのあとだと、苦みが強くなったり、喉ごしが悪く感じたりします。

オレンジジュースなどの柑橘系ジュースも後味が悪くなり、合いません。

口に苦いのは仕方ない

アジスロマイシンも良薬なので、苦味もあると思えば、我慢もしやすくなるでしょう。

クラミジアをよく知ることが予防への第一歩

投稿日:

Copyright© クラミジアをよく知ることが予防への第一歩 , 2017 All Rights Reserved.