クラミジアに感染しない為にもクラミジアについて詳しくなることはとても重要なのです。

クラミジアをよく知ることが予防への第一歩

性病予防への意識を高めようとしている

アジスロマイシンの情報

まずは感染に気付かないと治療できない!しっかり確認を

更新日:

多くの人たちが性病に悩まされているかもしれませんが、大半は初期段階でしっかりと感染が確認できていれば悪化しなかったのに…。

というケースなので気を付けていきましょう。男性と女性では初期症状も異なってくるようになっているので、どのような症状が出ているとクラミジアだと言えるのかはしっかりと把握しておけると悪化を食い止められるはずです。

男性の場合だと

クラミジアに感染してしまっていると尿道炎を発症するものなのですが、潜伏期間が1週間~3週間ほどはあるので普段からたくさんの女性と関わっている人だと原因を忘れてしまいがちかもしれません。

まず用を足す時に液体状の膿が出てくるようならば確実に性病になっているとも考えられますし、おしっこをする時にいちいち痛みがあるという人は早めにお医者さんに相談してください。

女性が感染していると

女性がクラミジアに感染してしまった時は自覚症状もないことが多いのですが、下腹部の痛みが続く時は要注意です。生理でもないはずなのに鈍痛がある時は特に注意してみてください。

骨盤あたりまで細菌が浸食してしまっているという可能性も充分にありますし、放置してしまっていると将来出産する時にマイナスに働くかもしれませんし、違和感を覚えたらまず受診をお勧めします。

大袈裟に考えないで

性病というとHIVやエイズのイメージが強いので、感染したら死んでしまう…!という間違った考え方をしている人もいるかもですが、ほとんどの場合は投薬で治るようになっています。

もう自分はおしまいなんだ。という風に悲観的になってしまっていると、治療も受けずに諦めてしまうかもしれませんけれども、絶対に治る!と思うようにしていきましょう。

-アジスロマイシンの情報

Copyright© クラミジアをよく知ることが予防への第一歩 , 2017 All Rights Reserved.